インターネットを活用した合理的な学習方法

このサイトでは、短期間で IELTS 合格に導く魔法を公開します。
非常にパワフルな方法です。
実践してもらえば、ズバリ、あなたを90日間で合格に導きます。

しかしこのサイトのノウハウをおすすめしない人がいます。それは・・・
努力しないと勉強した気にならない方。こんな人は、このマニュアルを読むと気分が悪くなります。

なぜなら、あまりにも短期間に大幅スコアアップができると思えるようになるから。
「苦労しなけりゃ、大幅スコアアップはあり得ない。」という常識が、ガラガラと崩れてしまうからです。

それに加えて、
・毎日インターネットを使用できる環境を確保できない方。

この方法はインターネットを最大限に活用する学習方法です。
インターネット接続環境が無ければ実践することができません。
これらのタイプにあなたが当てはまるなら、ここで読むのをやめてください。
残念ですが、このマニュアルの方法ではお役に立つことができません。
私とは縁がなかったわけですから、このウェブサイトのことは忘れていただいて結構です。【

まだ読んでます?
とすると、あなたは、本気でなんとかしてスコアアップさせたい受験者ですね。
分かりました。私も覚悟いたします。
腹をくくって、秘密をお教えいたしましょう。

IELTSスコアアップメソッドで短期間で合格点をとる

これは私自身のこれまでのIELTS学習経験を全て結集させた学習法です。
一言でいえば、既存の勉強法にとらわれず、「世界中からそれぞれの得意分野だけを厳選して組み合わせた」学習法のことです。
従来の学習法というのは、自分にあった教材や対策学校を見つけ、そこに一点集中して学習していく。
これはこのインターネット時代に、二宮金次郎をまねしているのと同じです。
要するに、旧時代のやり方。
辺りを見回せばもっといいやり方が存在しているとしても全く気づかない。
教材をひたすらやり続ける学習スタイルでは、与えられた問題に選択肢から回答する
「受身型のマークシート試験」には通用しても、これに加えて自らの自由な考えを発信しなくてはいけない「受身+発信型のIELTS」には使えないのです。

「発信型の試験」では、自らの意見、考えを明確に伝える能力が問われます。
すると、今までと全く逆のプロセスが必要になるのです。
つまり、受身一辺倒ではなく日常的にあなたが発信する学習法です。
「わたしが日常的に発信する学習法だって? 本当にそんなことができるのか?」

本当です。
ただし、それには、ひとつのカギが必要です。
そのカギを知らないためにほとんどの受験者が、現在、無駄な努力をしているのです。

一生懸命やっているのに、スコアが上がらない。
しかし、こうした苦労は、当サイトで説明する方法を知るだけで、全く過去のものになります。スコアが確実に上がるようになるのです。
これからあなたにお教えすることは、単に理論を振りかざすお堅い IELTS 対策本の方法じゃありません。

ズバリ、合理的に素早くスコアをアップさせる方法。
不正行為なしで短期間にIELTS合格を勝ち得る方法です。

この方法には、ひとつの重大なカギがあります。
そのカギとは?

それは、「本当に有益な情報のありかを知り、それを最大限に活用すること」です。
ほとんどの人は、どこに最も効果的な学習ツールが眠っているかを知らないで学習をしている。また、知っていたとしても活用できていない。

だから本来得られるべき学習効果や効率が得られないのです。
有益な情報を収集して、世界中から最も有効なツールだけを組み合わせ、活用する。そうすれば、本当にスコアアップに必要な知識や思考法、経験が得られ、そして蓄積する。
すると必然的にスコアが飛躍的にアップします。

これが、IELTSスコアアップメソッドです。
これはインターネット時代の新しい学習法です。
旧時代には想像もできなかったようなやり方です。
あなたは自宅にいながら、毎日イギリスやアメリカにある学習システムを活用し、オンラインで海外の英語教師と会話ができる。

この方法を実践した場合、たった3ヶ月であなたの目標スコアを達成することができます。

最後に、IELTSスコアアップメソッドについて、誤解してほしくないことがあります。
この方法は単なるスコアアップだけが目的なのではありません。
もちろん、スコアアップしなけりゃ意味がないんですけど、それだけが目的じゃありません。
それは、本当の英語力を伸ばすということです。

受身型の試験の学習法では、いざ海外に出てネイティブスピーカと対峙したときに全く言葉が出なかったということがあります。
TOEICで800点以上あっても殆んどしゃべれない人は実際いるのです。
しかし、この方法を使えば実践的な英語、本当に使える英語が自動的に身についていくのです。
この喜びを是非感じてください。
それでは、その魔法を詳しく見ていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ