ヒアリングが弱い理由は?あなたの知識を使える英語に変える方法

 さあ、中学英語レベルの学習が知識として頭に入ったなら、ここからが本番です。徹底的にトレーニング開始です。いろいろな英文の中で学習して知識レベルであなたの頭脳に眠っている知識を使える英語に変えていきます。

その方法とは・・・

同時通訳方式による 英語の語順のまま理解するトレーニング
英語の語順のままで理解する練習です。

私がある会社で通訳をしていたころ、社長を交えての役員会議をヘッドフォンをつけて同時通訳していました。ひとりの社員が会議の会話をキーボードに打っていました。その英文が会議室内の大きなスクリーンに表示されていました。

理由は、日本人社員のためです。英語を聞き取れない日本人も英文を読めば理解できる人が多いからです。一応私の同時通訳もあったのですが、英語のヒアリングについていけない日本人はそ
の英文を見て理解していました。それはとてもおもしろい現象でした。日本人はなぜヒアリングに弱いのだと思いますか?



日本人のヒアリングが弱い2つの理由

原因1:音声的に聞き取れない。
特に日本語よりも子音が多く、子音だけの発音が多いです。日本語には子音だけの発音というのはありません。日本語は必ず、ひとつの子音にひとつの母音がついています。
また、リエゾンといって、数個の単語の塊があたかもひとつの単語のように聞こえてします、つながると本来の発音から崩れてしまます。

また、英語は日本語よりも弱音がかなり多いので、日本人は聞きなれるのに苦労します。
それと似た例を日本語の方言で言えば、関西弁は標準語と比べると弱音が多少は少ないのです。

例えば、
「絵」「胃」「歯」という言葉は標準語では、「え」、「い」、「は」ですが、関西弁では「えー」「いー」「はー」と伸ばさないと聞き取りにくいというところがあります。


原因2:訳しながら英語を理解する癖がつきすぎている。英語の語順のまま理解することになれていない。
あなたが英語をしゃべるときは、自分のペースで「あー、あー」と間をとりながら考えながらしゃべることも可能ですが、英語を母国語とする人がしゃべるときはその人のしゃべるスピードで理解しないといけません。ということは、訳してる暇なんかないわけです。

では、どのように英語の語順のまま理解するのでしょう?

次の英文を見ましょう。
An airplane flies high in the sky over Seattle .

An で単数であり、複数ではないことだけわかります。
An airplane で 飛行機が一機とだけわかりましたが、その飛行機がどうしたかわかりません。
An airplane flies でその1機の飛行機が飛んでいるということまではわかりましたが、どういう状態であるかはわかりません。

An airplane flies high in the sky でかなり高度を保って飛行しているとまでわかってきました。でもどのあたりを飛んでいるかはこれでわかりません。
An airplane flies high in the sky over Seattle. でシアトルの上空であることがやっとわかりました。

これを訳してしまうと・・・
英語の語順でそのまま訳した日本文

の順番になりますね。これでは英語は聞き取れません。
ここでは英語の語順で話したり、聞いたりすること、それも瞬時に反射的にできることに慣れていただきます。



リスニングを強制的に上達させる6つのステップ

注意
やり方を間違うと効果が薄れます。教材は各自自分のレベルにあったものを用意して下さい。

1. 英語をノーマルスピードで聞きます。
英文を見てはいけません!

2. 英文と日本語訳を聞きます。
英文を見てはいけません!

{注意}
ここで日本語訳を挿入したほうがいいのかどうか、という問題ですが、英語の意味がボヤーとするよりは、日本語訳によりはっきりしたイメージを捉えることができます。つまり、an airplane と聞いて「鳥に似た形をした巨大な鉄の物体で数百人が乗って空高く飛ぶ乗り物」というイメージ画像でとらえることもできます。

それでも可能ですが、一旦「飛行機」と日本語でハッキリとイメージを捕らえましょう。その後は日本語を忘れていいのです。次からはいちいち「飛行機」という言葉を思い出さないで、飛行機のイメージだけを思い出せばいいのです。2,3回繰り返せば、もう日本語訳が邪魔になります。最終的には英語で考えることができるようになります。

3. 英文のあと逐次英語をリピートしてみます。
英文を見てもかまいません。見ないでできると自信があれば聞き取れないところだけを見ましょう。

4. 英文と同時に英文をリピートします。
{注意}
ノーマルスピードなのでわからないところだけ英文を見ましょう
 これがshadowing(シャドーウイング)と言う会議通訳者が使うトレーニングです。

5. ノーマルスピードで英文を聞きなおします。
英文を見ません。今度はよくわかるはずです。

6. 最後に何も見ないで自分の言葉で英語で再現してください。もしこれが難しいようなら、完璧にやろうとしないで半分でも再現できればよしとしましょう。


重要!
1. できるだけ文字は見ないで耳だけに頼ってやってください。わからないところだけ字を見てください。1回、2回見たら、もう見なくてもできるようになります。

とても大切なことを言います!!
「あれっ!では音声的な練習は省かれてるのかな?」と思われたかもしれませんが、いいえ、省いてませんよ。この指示とおりにやっていただければいいのです。できるだけ耳に頼ってやりあなたの耳に聞こえたとおりに発音してください。

2. 日本語訳も必要なときだけ見てください。

Shadowingについて説明します。
我々日本人の場合、日本語を聞いているとき、全ての単語を一字一句もらさず聞いてはいません。ある単語とある単語を聞いて話がつながり理解できています。ここでは、一字一句を全部聞くために一緒に英語を言っていただきます。これを follow up とも言います。
これもヒアリングを上達させるのに効果的な方法です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ