IELTSの試験を受けるあなたへ!著者からの手紙

いよいよ、全ての努力が試される時がやってきます。
今、まさにあなたはIELTSの厳しさを知りとてつもなく不安な時期を過ごしているといっても過言ではないでしょう。

しかし、恐れることはありません。疑心暗鬼になってはいけません。
これはIELTS合格者が皆一度は通り過ぎる道、IELTSは全ての合格者にとって難攻不落の関門と感じられるものなのです。
今の不安は「未来」への扉、恐怖は「勝利」の前触れにしか過ぎません。
この不安と恐怖を乗り越えた先に、「IELTS目標スコア達成」という夢の扉を開ける鍵があるのです。

どうしても不安や恐怖が取り払えないならば、手垢が付くほどに使いこなしてきた、あなたの単語カードを眺めてみてください。
カードはあなたの勇気ある挑戦を知っています。あなたが泣きたい気持ちで勉強してきたことを知っています。
さぁ勇気を振り絞って最後の総仕上げにとき組みましょう。

最後の数日を「悔いなく、激しく、そして冷静に」生きてみませんか。
勝利の女神は必ずあなたの傍についています。
IELTSは体力勝負の試験です。みなぎる体力が軽快に頭を回転させてくれます。
何が何でも当日は、心身共に最強(万全などというレベルを超えて)の状態で臨んでください
当日の朝は 100 キロマラゾンに挑むくらいの覚悟とコンディションをもって臨んでください。
試験前日は早め就寝してください。

しかしいつも遅くまで起きている夜型の生活リズムの人は、急に早く寝るといっても簡単に寝付けるものではありません。
そこで夜型の人は試験数日前から早寝早起きの生活にし、体内時計を朝型に切り替えてください。
こうすれば、試験前日も早く寝付くことができます。



試験当日の持ち物チェックリスト

①必携品
□受験票、ID(絶対に忘れないこと。)
□会場までの地図
□時計(2つ)
□財布、小銭

②持っていくと良いもの
□ミネラルウォータ等飲料
□学習で使ったカード、ノート
□リスニング用音源(mp3 プレーヤ、MD プレーヤ等)
□キャンディやチョコレート
□羽織るための上着やシャツ(温度調節用)
□ハンカチ、ポケットティッシュ
会場までの交通機関と時間も前日に再確認しておきましょう。



当日起きてからあなたがするべきこと

そして当日。
当日は朝目覚めたと同時に勝負が始まります。まず起床したら、顔を洗いながら最近やった Writing の問題の中身を何でも良いから頭に思い出してみてください。
この作業は、その内容が重要なのではなく、これにより頭を「学習モード」に切り替えるために行います。

人間の頭は、起床してから2~3時間しないと完全に働き始めないと言われています。
試験が始まる頃には、頭を最良の状態にしておきたいので、起床後すぐにウォーミングアップを開始したいのです。(ただしウォーミングアップ程度で充分です。)
出陣の支度をしながらで構いません。軽く頭を回転させてみてください。
(熱中しすぎて忘れ物をしないように気をつけてください。当日の携行品は前日の晩にセットしておきましょう。)

朝食は必ず軽くとってください。人間の脳は糖質しか受け付けず、かつ極めて大量のカロリーを消費します。IELTS 試験では想像を絶する量のカロリーが消費されていると思います。
スタミナ切れにならぬよう、朝食は万全に準備して下さい。
さらに、脳への糖質補給のため、キャンディやチョコレートも威力を発揮します。会場入室直前に口に入れるのも良いでしょう。

会場への到着は、交通機関のアクシデントも考慮の上、8時すぎくらいには到着できるように余裕を持って出かけると良いでしょう。

自宅~会場までの間は、必ずリスニングの音声を聞いて下さい。耳をリスニングモードにしましょう。
そして、会場に到着したら入室せずに、まずトイレの場所を確認しましょう。
トイレを済ませたら、時間を確認しましょう。
まだ時間があるようならロビー等でカードを使って軽く最終チェックをしましょう。引き続きリスニングの音声を聞くのも良いでしょう。
そして、充分に気持ち落ち着かせてから入室します。

会場に入り、座席に座ります。
今までのことを心静めて振り返ってください。家族の顔、愛する子供の寝顔、大切に想う人のことを思い浮かべてみてください。
そして心静かに誓ってみてはいかがでしょうか?「必ず合格する」と。
鉛筆は知っています。あなたが、Writing 問題で頭をかきむしるほどに悩み、またそれを克服してきたことを。
腕時計も知っています。難しい問題を最後まであきらめず、何度も挑戦してきたあなたの姿を。

そして何よりIDの中のあなたが、あなたの勇気ある挑戦を一番よく知っています。
あなたを誇りに想っています。褒めています。
今一度、IDの中の自分自身に誓ってみてはいかがでしょうか?「必ず合格する」と。
勝敗はこの日の一戦にあります。
人間は弱いものです。自分の力を超えたように映るものに挑戦するときには誰もが恐怖を感じるものです。

しかしあなたは、勇気を持ってこの難攻不落の関門に勇敢に立ち向かおうとしています。
試験当日の朝、きっとあなたは輝くほどに眩しく、そして美しく輝いているはずです。
そんなあなたに解けない問題があるはずがありません。あなたに解けない問題は、他の誰にも解けません。周りの人が解けない問題でもあなたには必ず解けます。
わかります。気づきます。
過去の成績なんて関係なし。一切全く関係なし。この日は、目標スコアの書かれた合格通知を郵送してもらう手続きに行くだけのことです。
さぁ勇気をもって出発しましょう。必ず受かります。

最後の最後に、あなたに一言。
最後の最後まで粘れ!
考えて、気づいて、粘りぬけ!
祈、目標スコア完全達成!





国際社会で活躍する日本人になる

IELTSは日本人にとって不利な試験である。
それは試験内容が不利なのではなく、情報が少ないという点で不利なのである。
「試験対策」とは結局のところ、いかに有益な情報を持っているかで決まる。
これはIELTSに限らず全ての試験に通じる。

IELTSは永住、留学の鍵を握る非常に重要な試験である。
その重要な試験で、日本人が不利な環境に立たされているのである。
世界を舞台に活躍しようという高い志を持った人は日本中にいる。
彼らの活躍の芽を閉ざすようなことがあってはならない。
それは、日本にとっても世界にとっても大きな損失になる。

国際社会で日本人が当たり前のように活躍していくためにも、IELTSという試験のハードルを下げる必要があるのである。
このサイトを活用して、一人でも多くの日本人が、一日も早く夢を叶え、世界へ羽ばたいて行くことを心より願っている。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ