短期間で IELTS に合格するスコアアップメソッドはどのようにして作られたのか

いくつもの対策本、いくつもの対策学校、そしていくつもの試験本番を経験して、2年以上が経過していた。
各科目の目標スコアをクリアする実力はもう付いている。

実際、各科目では目標スコアに何回も到達しているのだ。
しかし、同時に全科目到達ができない。
いまだ合格に届かない。
このまま永遠に合格しないんじゃないか?

そんな考えが何度も頭をよぎる。
オーストラリア永住の夢なんてもうあきらめるしかないのか。

しかし、これまで一体どれだけの時間とお金をかけてきたんだ?
ここまでやって受からない試験って一体なんなんだ?
完全に行き場を失ってしまい、途方にくれた。

しかし、そのときある考えが頭をよぎった。
これまでいろいろ手を出してきたけど、結局効果があったのはいったい何だろう?
紙に書き出してみた。
右の紙に効果のあったもの、左の紙に効果の出なかったもの。
そうしているうちにあることに気がついた。

「あれ?ほとんど左の紙だらけだよ。」
右の紙は・・・
「!!!」
そこには、本当に効果があった勉強法が4科目それぞれ書いてあった。

「これだ!!!!!」
書いてあるものは、情報源もバラバラ、置いてある場所もバラバラ、やった時期もバラバラ。
しかし、一つだけ確信を持って言えるのは価値のある勉強法ばかりだった。

私は、この勉強法に絞って学習することに決めた。
そして次に受けた6回目のIELTS。
Reading でミスをして、さらに Speaking でも今までで最も難しいトピックが出題された。
うーん、またダメなのか・・・
半分あきらめムードだった。

しかし一方で何かいつもとは違う気配も感じていた。
結果が届いた。
「あっ!」
結果は念願のオール6以上を獲得した。

全身が震えた。
「ついにやったぞ!!!」
思わず大きな声で叫んだ。
今までの苦労が一気に吹き飛んだ瞬間だった。
こうして、あの長かったIELTS受験生活がうそのようにあっさりと幕を閉じた。【




学習効果を飛躍的にアップさせる学習方法

学習効果を飛躍的にアップさせるにはどうしたらいいのか。
世界中からたくさんの情報を集め、その中から何がIELTSのスコアアップに有効なのか見極める。そして厳選した学習ツールだけを集中的に実践する。
それが鍵である。

挫折を味わい続けた2年間が終わった。
挫折感を味わい続けた状況の中で、いままで ILETS 対策学校で教えられてきた勉強法とは異なる勉強法を実践した。
ただそれだけのことだった。
それだけで、状況が 180 度変わったのである。

いままで IELTS 対策校で教えられたやり方は、対策校によって多少異なるが、対策校で使用したテキストやプリントを使って、それを中心に学習することがメインだった。
個々に「これは役に立つなぁ」というプリントもあるものの全体的にはテキストや配布プリントに沿ってメニューをこなしている状況である。
よく言えば勉強の王道、悪く言うと旧世代の非効率的な学習法を踏襲しているだけだった。

それを劇的に変化させた鍵は何か?
それは私に数年間蓄積された膨大な IELTS 関係のデータベースだった。
そのデータベースを全てひっくり返し、効果が出たか出なかったかと言う切り口から再整理し、そして効果が出たものだけをピックアップする。
その結果、多種多様な情報源からバラバラの情報が生き残った。
このバラバラの勉強法の断片を、ひとつにまとめて勉強していく。

断片はいろいろなところにある。
あるものは自分の部屋の中(対策本)、あるものはイギリス、あるものはアメリカ、あるものはアジアと世界中にその断片は散らばっている。
この世界中に散らばった(=分散された)、断片の学習ツールを用いて最高に効果的な学習環境を整え、そして毎日実践する。
これがIELTSスコアアップメソッドである。
この学習法を実践したとたん、今まで長年大きな壁として立ちはだかっていた私の目標スコア到達がいとも簡単に達成されたのである。




短期間で IELTS に合格するための3つのポイント

目標スコア到達は実現した。
しかしこの成功は、私にだけ偶然起こったのか?
それとも誰にでも起こせるものなのだろうか。

なぜあの成功は起きたのか。
理屈は、こうだ。

どの対策学校、対策本も万人を必ず合完させるような完璧であることはありえない。
もしそんな学校があったら、他の学校は生き残れない。

しかし、完璧な学校は無いが、どんな学校や対策本も長所=ウリを持っている。
これが一つもないようだと、存在していけないことになる。
それから、ウリとまでいかないまでも、必ず、1つや2つくらい有効な情報を提供してくれる。
こういった情報を得られるのが対策学校の良いところかも知れない。

しかし、一つの学校に通って得た情報だけで全てをカバーできるわけではない。
なぜなら、その学校も知らないノウハウやツールが実際には存在しているからだ。
そこで、それらの有効ツールを集めることによって誰でも実現可能な最強のツール群が完成するのである。
その価値あるツール群を活用することで、最も効果的なIELTS対策が可能になるのだ。
この各ツールの情報を得るために、お金を払って対策学校に通っていると言っても過言はない。

魔法を起こすポイントは3つだ。
・有益な情報を入手しその情報に優先順位を付けること。
・あなたが現時点で作ることができる最高の学習環境を整えること。
・当サイトを活用して学習を進めること。

この3つを実践することで、短期 IELTS 合格の道が開けるのだ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ