模擬面接ができる環境を自分で作るスピーキング最強ツールとは?

これは Speaking 対策最強ツールである。
あなたの Speaking 能力を短期間に飛躍的に高めることができる。
IELTS 対策.com ではフォリピン発のオンライン英会話サービスで、IELTS スピーキング専用のマンツーマンレッスンを提供している。
http://www.etoc.biz/

これは、スカイプ http://www.skype.com/intl/ja/helloagain.html
という通話システムを使ったオンライン英会話サービスである。
講師は全員フィリピン人で、インターネット回線を使ってフィリピンのオフィスと日本を結んでレッスンを行う。

講師の英語はネイティブレベルで、英会話講師としてアジア圏の人々に英会話を教えてきた経験者を採用している。
日本では余り知られていないが、実はフィリピンは世界で 3 番目(1 位:アメリカ 2位:イギリス)に英語の話す人口の多い国であり、言わばアジアの英語先進国なのだ。
そのため、海外の大手企業が顧客サポートセンターをフィリピンに開設している。

さらに韓国では英語留学の渡航先としても人気が高い。学習コストが安いことからフィリピンに英語留学をする学生が非常に多いのだ。
このような実態を踏まえ、フィリピンのオンライン英会話を利用すると安価でかつ良質のオンライン英会話サービスが利用できる。
IELTS Speaking 対策としてはグループレッスンでは殆んど効果がないので、完全なマンツーマンレッスンとなっている。

これなら、Speaking が苦手な人でも充分に面接の経験を積むことができる。
これは絶対に活用して欲しい。

オンライン英会話のメリットしては他にも
- インターネットを使ったオンラインレッスンなので、自宅でレッスンが受講できる。
- 忙しい方も受講できるよう、夜中のレッスンまで可能。
- マンツーマンレッスンなので、グループレッスンのような待ち時間がなく時間を有効に使える。
(IELTS Speaking 対策では模擬面接を数多く経験するのが非常に大切です。グループレッスンでは1人1人模擬面接を行う環境を構築できません。)




ICレコーダの活用したスピーキング上達方法

この方法も非常に効果的だ。
オンライン英会話と併用してもいいし、独学でやる場合でもこのICレコーダを活用した Speaking 練習はとても効果がある。

まずは2分間英語で話しつづける練習をする。
そして、それを必ずICレコーダに録音し、その都度聞いて確認する。
ICレコーダを聞くと、自分の問題点が明らかになる。
想像以上に沈黙や唸り声が多いのがわかるはずだ。
自分の問題点が明確になると、意識的に改善できるようになるので効率が良い。
必ず録音して聞くという習慣をつけて欲しい。

初めのうちは2分間という時間は非常に長く感じると思う。
しかし、良い方法がある。
そのトピックの中で話したい項目を4つ作り、それを各 30 秒で話すようにすると、それほど長く感じなくなるはずだ。
このように、項目をいくつか考え、それぞれを数十秒程度で話すようにすることで、容易に2分間話しが続けられるようになる。
最初に話したい項目を考え、次にそれぞれの項目について順に話していくというスタイルを練習して欲しい。


IELTS対策 その他重要事項

鉛筆に慣れる
試験では、自分の筆記用具は持ち込めない。
あらかじめ机に置いてある鉛筆3本と消しゴム1つを使う。
なので普段鉛筆を使っていないと、試験終了後に指に豆ができたりする。
特に普段太めの筆記具を好んで使っている人は要注意である。
鉛筆の細さに違和感があるからだ。

鉛筆を使う違和感を少しでも克服するため、普段の勉強中もできるだけ鉛筆を使うようにしたい。
特に Writing では、鉛筆を使うことで鉛筆の減り具合と文字の太さの変化を実感でき本番でも調子を崩すことはない。
是非普段から鉛筆を使って勉強してみよう。

長時間PCの画面を見ていると目が疲れる場合
長時間PCの画面を見ると目が疲れてしまう場合は、ウィンドウの色を変えよう。
実は、「白」という色は輝度が最大で、目には厳しいあまり優しくない色なのだ。
しかし、文書作成の際には白い画面に文字を書きので、最大輝度の白の面積が大部分を占めることになる。その結果、目が疲れてしまうのだ。

この場合、背景の色を変えてしまおう。白を薄いグレーにするだけで、目の負担がぐっと少なくなる。このマニュアルのようなWeb ページ、画像ファイルなど、背景色を変えられないものは仕方ないが、Word やメモ帳で Writing の練習をする場合などには効果的なので、是非試して欲しい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ