我慢するの意味 stand/bear/endure のニュアンスの違い

先日、ボクがお世話になっていた某英語学習塾へ遊びに行ったときのこと、赤本(大学入試問題)を手にとって、懐かしいなーと思いながらパラパラとめくっていたら、人の言葉だとか行為など、ちょっとした不愉快に対しての「我慢」という意味で、こんな問題がありました。

問題:
put up with~という語句の同意語を以下から選びなさい。

1、stand
2、bear
3、endure

正解は・・・というような、お決まりのパターン。

あーまだこんな入試をやってるんだなーと、ちょっとガックリして帰ってきました。

過去何十年もの間、今だにすたれることなく、この種の問題は今も尚、輝きを失うことなく
その地位を確立している。
ちょっとは、すたれろよーと思いながらも(笑)、

まだまだ受験英語のためだけの英語というものがものの見事に成り立っている。
そんなことを目の当たりにしてきました。

ただ、そうは言っても、思いは人それぞれ。
ボクがあーだこーだ言っても、仕方ないので、ボクはボクで今、自分ができることを!!
というわけで、今回のお題は「我慢」です。


stand と bear のニュアンスを比較

これは、別に分けて説明するというよりも、より分かり易くするために、2つ一緒に比較して説明しますね。

学校英語的に説明すると(笑)、
can/could と一緒に、stand と bear は、普通は否定文や疑問文で使われます。

Taro can't stand/bear people smoking while Taro's eating.
Can you stand/bear people smoking while you eating?
と、こんな具合ですね。

両方とも、人、物、何でもいいのですが、ある事柄に対して、極度にイライラッとしたり、不快を感じながらも不平を言わずに、「辛抱する、我慢する」という意味を持っています。

何とも、日本人にピッタリな説明となってしまいましたが(笑)、

要するに stand と bear は何が違うのかというと、stand というのは、より口語的で、bear というのは、主に、書き言葉で使われることが圧倒的に多いということです。

また、bear というのは、これは辞書で調べてもらえたら分かると思いますが、「耐える」という単語の他に「運ぶ、支える、持つ、抱く、産む」という意味があります。(やっかいな多義語というやつね。)

これは、突っ込みがある前に先に説明しておきますが(笑)、イメージとしては、妊婦さんをイメージしてみると分かりやすいです。

まずは、妊婦さんが胎児をお腹で支えている状態を思い浮かべてみてください。
(この部分が「支える」というイメージです。)

それから、胎児がだんだんと大きさを増しながらも、妊婦さんはその圧迫に耐えて、(この部分が「持つ、抱く」というイメージです。) 最後には、圧迫に耐え切れなくなって、胎児を外に放出する。

つまり、出産するという一連の流れがbear のニュアンスそのものになるということです。

・This board is not strong enough to bear Taro's weight.
「その板は、Taroの体重を支える(我慢できる)ほど頑丈ではない」

・Cherry trees bear cherries.
「桜の木にはさくらんぼがなる。」
(桜の木にはもちろん、さくらんぼは実りませんが、ことば遊びです 笑)

・After having five boys, she hoped to bear a daughter.
「5人の男の子を産んだ後、彼女は娘を望んだ」


endure のニュアンス

 endure ですが、これは、一言で言えば、苦痛だとか不快な状況に長時間または、長期間、「ジ----ッと耐える」ことをニュアンスとして含んでいます。

He endured three years in prison for his religious beliefs.
こんな具合ですね。

一度、自分の頭の中で明確にイメージすることができれば、しめたものです。今回はここまでです。

英語。楽しんでくださいね。


ということです。楽しんでなんぼ、ですから。

サブコンテンツ/dt>

このページの先頭へ